密教の師との巡りあい

「岐阜県の関から、仙人のような方が大阪に来られます。岡さん、是非お会いしませんか?」
ある日、知人よりそのようなお誘いを受けました。
「直ぐにでもお会いしたい」とお返事しました。
すでに佐保田先生が遷化されて3年の歳月が流れていました。

その頃、私は毎晩瞑想中に、意識でチベットの洞窟まで行きました。
「早く本物の師に付きたい!」と、
まだ見ぬ私の「師」が御導きして下さる事を心底願っていました。
その時に見たビジョンに、「ブラフマー・チッタ」という経典が出てきました。チベットのある僧がその経典を書き記して洞窟に隠している事が文献に書かれているのです。
しかもそれは太古の王様だった方が僧になり、極少数の弟子に伝えた大変貴重なものなのだそうです。
私はこの「神様の智慧」という経典をどうにかして手に入れ、学びたいと祈念しつつ、瞑想に明け暮れていました。

 奇跡は起こりました。
その岐阜県の山奥からお出ましになられた密教行者の師です。
時に八十二歳のこの老人翁公は実に不思議な方でした。
お会いした瞬間、私は驚きました。
以前、瞑想中に、私はチベットの高僧にシャクティ・パットを授かり、真に頭を浄化してくださったビジョンを観たのです。
その老人翁公のお顔が、まさしくその時のチベット僧のお顔だったのです!
初めてお会いしたその日、その方がある方へ、手書きの経典10冊を差し上げておられました。
するとしばらくして急に、
「誠に申し訳ございませんが、今、貴方に差し上げました書物を全部、どうか、この人に回しては下さらんか!」と、、、、、、、
 その方は快く私に回してくださいました。
それがなんと!私があれほど希い願いつづけていた「ブラフマン・チッタ =神様の智慧」の経典、ホワイトマジック全10巻でした。
正に長年祈念していたことが起こりました。
私はその経典を一晩で読み終えました。奇跡です。
魂で読んでいたので一晩で速読できたのでしょう。
中でも「宇宙の火」という経典には凄いことが書いてありました。
ヨーガの深い教えがいっぱい記述されていたのです。

その日、そのお方に巡り会い、私は長年の禅魔の苦しみから救われたのです。
また、相談に来られる病気の人々を多く治されました。
何しろ癌の人を密教治療し、病そのものを消してしまわれたのを目の当りに見させていただくことがしばしばありました。
第三の眼を開く方法を私に訓練させてくださり、時にはテレパシーで私の心を観破なさり、御叱りを受けました。
助けを求めるや否やテレポートもしてこられました。
信じにくい事かも知れませんが本当にそれはあるのです。

それからというもの、お会いしてから91歳で遷化されるまでの12年間という長きにわたって、
私はこの聖老人に魂の実践をさせていただくことになったのです。


・・・次へ続く